専門に依頼してどんどん活用して失敗しない店舗選び

歯医者の施術

こうして生まれた技術

古代から現代までの歯科医療の歩み

一般的に歯科は歯だけでなく、歯に関わる組織も扱います。歯科で治療される疾患の中でかなりポピュラーなものは、虫歯や歯周病です。これらは古くからあるものです。古代インダス文明においての歯科医療の痕跡は、それを示してくれるといえます。 実は、人類の歴史と共に歯科医療は発達しています。 歯科医療の発達を助けたのは、1500年代の砂糖貿易の広がりです。それは同時に、ヨーロッパ貴族の間に虫歯を広げたからです。この時の治療法はほぼ抜歯のみでしたが、これを受けて技術が発展します。抜歯のみの治療から、人工歯などを用いた治療が出来るようになるのです。 そして1700年代には歯の保存や修復、歯石除去などが実用化されます。更に1800年代には全身麻酔下での手術など、口腔外科の技術が発展しています。その中でも当時のアメリカの技術は、ほぼ現代に近いと言われる程です。つまり、この頃のアメリカで現代的な歯科医療が完成したといえます。

今後に期待が持てる分野・技術

これから先、歯科医療には様々なことが期待できます。その中でも特に大きいのは高齢化と技術の発達です。 まず高齢化です。歯科医療の需要は高齢化によって高まっています。高齢になっても歯を保ち続けることは身体的な健康に大きく関わります。 また、歯を保てれば食べるという習慣も同時に保つことができます。食事は生活に深く根付くものなので、生活の質も保つことにつながります。つまり、歯科医療の観点からセカンドライフを支えることができるというわけです。 次に期待が持てるのは技術の発達です。人工歯から一歩進んで、天然の歯を再生する研究が行われているのです。用いられているのはiPS細胞で、すでに一部の組織を作ることに成功しています。これが普及すればインプラント以上の治療効果が期待できます。

Copyright © 2015 専門に依頼してどんどん活用して失敗しない店舗選び All Rights Reserved.