専門に依頼してどんどん活用して失敗しない店舗選び

歯医者の施術

歯を大切にする為には

歯科健診を受けに行きましょう

最後に歯科医院に行ったのはいつか憶えていますか。 日本では、歯科医院に行くのは歯が痛む時や、むし歯ができた時などといった明確な理由がないと、歯科医院に行く人はまだまだ少ないのが現実です。 しかしそれでは、日本人が目標とする8020運動は実現するのは難しいでしょう。 昔と違い、最近は食べ物も豊富にあり、甘いお菓子やジュースなど手軽に買える時代です。ですから、乳幼児の頃からすでにむし歯がある子どもも増えています。 アメリカでは歯を大事にする習慣がありますから、歯科医院には半年に一度は必ず定期健診を受けることが当たり前になっています。歯科矯正に積極的なのもそういった理由があるからなのでしょう。日本ではまだまだ先のようです。

歯医者さんを身近な存在に

しかし最近の歯科医院も、半年から一年に一度の割合で健診のお知らせといった形ではがきを郵送してくれるところが増えています。 また中には、歯科検診は3カ月に一度が良いといったところもあり定期的に案内を出しているところもあります。 今まで馴染みのなかった人には、驚かれるかもしれませんし、必要ないといった意見もあることでしょう。しかし定期的に健診をすることで、むし歯の多かった人がここ数年間、むし歯や歯周病といった歯の病気とは無関係といった報告も多数あり、いかに定期健診が大切かということがわかります。 定期健診をすれば、歯石をとってもらい歯磨きのしかたをチェックしてもらえますから、その都度歯の大切さの意識づけにつながるのです。

Copyright © 2015 専門に依頼してどんどん活用して失敗しない店舗選び All Rights Reserved.